FC2ブログ

その場所から 少し離れて

ぶつくさと独り言  時々 ちょっした試行 some distance from the place

2011-12.26 Mon / 20111225 誰もがそれぞれの形で当事者であると同時に、それ以外については他者でしか

_D7K3223.jpg

_D7K3266.jpg

_D7K3307.jpg




賑わう雷門を避け、伝法院通りから浅草駅脇のマッチアンドカンパ​ニーの倉庫へ。
こんな場所にあったのか、知らなかった。倉庫に使​うにはもったいない空間。
次に寿町のGingritch。何だか​知らないうちに近所に色々出来ていた。途中で新たなケーキ屋発見​。
Gingritchから大江戸線で清澄白河。TapGalle​ryにて「f」。
蒼穹舎での展示とは一転、巨大な壁面いっぱいの​プリント。会期が短いのがもったいない。
東北ボラ報告会終了後の​深川いっぷくを見て銀座のPOLAミュージアムへ。
銀座は歳末、​クリスマス。上野で眼鏡の予備を作り、ケーキを買って帰宅。




今日観た展示は形は異なれど震災とそれに続く事故との関わりで生まれたものだ。








ふと 思った。



被災地を撮ることについて、少なからぬ言葉が交わされたけれど
うかつにモラルと絡めて語るべきではないだろう。


そして安易に「当事者性」を持ち出すことの危険。


誰もがそれぞれの形で当事者であると同時に、
それ以外については他者でしかあり得ないのだから。

当たり前の事だけれど。
関連記事
Date:01:30Trackback[0]Comment[0]  

Comment

 

Trackback

SKIN:Babyish  MATERIAL:* NyaroNyaron Illustration *