FC2ブログ

その場所から 少し離れて

ぶつくさと独り言  時々 ちょっした試行 some distance from the place

2011-11.26 Sat / 2011 11 05 歩行 川に出た

_D7K2244.jpg

_D7K2247.jpg

_D7K2292.jpg

_D7K2311.jpg

_D7K2333.jpg

_D7K2345.jpg


また雲が出てきた

川に出た

浄水場の取水口には祠があった

バス停でバスを待つ

雨が落ちてくる

Date:14:59歩くTrackback[0]Comment[0]  

2011-11.26 Sat / 2011 11 05 歩行 郊外 施設 公園

_D7K2092_20111126143607.jpg

_D7K2109_20111126143607.jpg

_D7K2126_20111126143606.jpg

_D7K2163.jpg

_D7K2172.jpg

_D7K2207.jpg





お蚕様の神社は見当たらない 

落ち葉を踏む自分の足音

大雑把な案内図しかないので道がさっぱり判らない

反対側に山を下る


竹林の中に椎茸のほだ木が並んでいる

静かな住宅地だ

Date:14:48歩くTrackback[0]Comment[0]  

2011-11.26 Sat / 2011 11 05 歩行 郊外 山の上

_D7K2002.jpg

_D7K2031.jpg

_D7K2006.jpg

_D7K2060_20111126140559.jpg

_D7K2070.jpg

_D7K2074_20111126140706.jpg


季節外れのひまわりがヒョロヒョロと風に揺れていた。

落ち葉を集める人の声が途切れ途切れに聴こえてくる。

「・・マイクロ・・出た所が・・」
「・・どうなん・・・」
「・・だから・・・でも」

干した布団を叩く音が聞こえる。

いつの間にか日が差して来た。

風が通る。
Date:14:23歩くTrackback[0]Comment[0]  

2011-11.26 Sat / 2011 11 05 歩行 郊外

_D7K1954.jpg

_D7K1970.jpg

_D7K1971.jpg

_D7K1980.jpg

_D7K1989.jpg

_D7K1992_20111126135645.jpg


川を渡った住宅街から坂道をぶらぶら登る高曇りの空
Date:14:00歩くTrackback[0]Comment[0]  

2011-11.23 Wed / 2011 11 04 快晴 斜光 疲労

_D7K1854.jpg

_D7K1855.jpg

_D7K1865.jpg

_D7K1878.jpg

_D7K1887.jpg

_D7K1897.jpg




持病の腰痛がひどくなり、タクシーを呼んだ。
目印が何もないので説明するのにどう伝えればよいのか戸惑った。

「今は誰も住んでいない門脇から呼ばれたので不思議に思いましたよ」

影がどんどん長くなる。
Date:23:24歩くTrackback[0]Comment[0]  
SKIN:Babyish  MATERIAL:* NyaroNyaron Illustration *