FC2ブログ

その場所から 少し離れて

ぶつくさと独り言  時々 ちょっした試行 some distance from the place

-----.-- -- / スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03.31 Wed / 語るべき何事もなし春の宵

錯綜2

重なり4

重なり7

銀座重なり

スポンサーサイト

2010-03.28 Sun / 曇り空

花の家
観音
菊坂ランドリー
菊坂水槽
桜
コースター


ふと思い立ち「看板娘」の「黒猫を抱いた少女」に会いに行く。
数年ぶり。

お店は休み。店内を覗いたが彼女の姿は見当たらず。
もう誰かに貰われたか、あるいはお払い箱になったのか。

晴れの日も雨の日も屋外に立つのは辛かったろう。


大学書店、健在なるもお休み。

当てもなく坂を下る。

はて、記憶にあるような ないような。

誰かと歩いたか 独りだったか。

そう云えば こんな季節に 薄暗がりで 猫を抱いた誰かを見なかったか。

いや 車椅子を押して 坂道に難渋したか。


先日からの熱がぶり返す。

疲れる前に帰ろう 憑かれる前に。




2010-03.27 Sat / 時の影

1

3.jpg

2.jpg


2010-03.27 Sat / 手術台の上の

森の中

ミシンとこうもり傘ではないけれど


薄暗い林の中に
こう云うものがポツンとあると
何だか半日変てこな気分になる

2010-03.24 Wed / 海を見に行く

海へ行く道
海へ行く道2
海へ行く道3
海へ行く道4
海へ行く道5
海へ行く道6

高曇りだけれど
知らない道を行くのは嬉しい
踏み込まず、ただ 歩くだけなのだけど

SKIN:Babyish  MATERIAL:* NyaroNyaron Illustration *
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。